SAIKO, GLOBUS and IDEAL GLASS launch NYC sound + movement residency

Shibuya, Shimokitazawa, Urahara, Koenji…Tokyo’s epicenters bubble with underground music, multimedia, dance, stage and interdisciplinary expression.

Now, Tokyo performance showcase SAIKO joins with Japanese culture advocates the GLOBUS FAMILY and arts studio IDEAL GLASS to present 21st century Tokyo innovation to New York audiences.

AVANTOKYO looks beyond anime and idols, digging deep into Tokyo’s ‘live houses’, experimental spaces, and black box theaters, where creators push new forms of expression in spaces unreached by mainstream media.

Facilitating interactions with local artists through residencies at GLOBUS WASHITSU in Manhattan, AVANTOKYO supports performances in partnership with ISSUE PROJECT ROOM in downtown Brooklyn and other leading venues in New York City.



Founded by New York Times and Rolling Stone Japanese arts reporter Dan Grunebaum, SAIKO draws on decades of experience in presenting Japan’s avant-garde to international audiences. Apple’s iTunes and the Blue Man group have supported SAIKO in Tokyo.

The GLOBUS FAMILY inspires cultural interchange between Japan and the USA, sponsoring events at institutions including the Japan Society and Asia Society, spanning dance, theater, cinema, art, craft, and performance. The Globus Film Series is an annual event at Japan Society specializing in classic and contemporary Japanese film.

IDEAL GLASS is an artist-run performing arts and production studio comprised of creative spaces in the East and West Village, established in 2004 by Willard Morgan.

Contact: info@saiko.co

Advisors: Koichi Makigami, Akihito Obama, Mark Rappaport, Kaoru Watanabe



渋谷、下北沢、裏原、高円寺… 東京のカルチャー震源地は、音楽、マルチメディア、ダンス、ステージ、多岐にまたがった表現で沸き立っている。

そして今、東京パフォーマンスショーケース「SAIKO」は、NYCを拠点に日本の文化を提唱するGLOBUS FAMILYとともにユニークなレジデンシープログラム形式で、21世紀の東京のイノベーションをニューヨークに発信していきます。

AVANTOKYOは、情報通のニューヨーカーに向けて、アニメやアイドルを超えた、メインストリームメディアでは伝わってこないクリエイターたちが集まる東京のライブハウス、実験スペース、劇場を深く掘り下げ、新しい形の表現を検証していきます。

AVANTOKYOは、ニューヨークの観客に最先端の日本公演を提供するだけでなく、マンハッタンのダウンタウンにあるグローバスの和室でのレジデンシーを通してニューヨークのアーティストとの交流を促進します。

その第一弾として革新的な東京デュオ、UHNELLYSが2017年4月29日、Brooklyn Botanic Gardenの有名なSakura Matsuriでメインステージのヘッドラインを飾るべくニューヨークに登場。彼らは、東京ならではのジャズ、ロック、ヒップホップ、 ストーリーテリングをアバンギャルドなデジタル処理技術によって演奏し観客を魅了します。

New York TimesCNNなどに寄稿してきた日本のアート専門ライターによって設立された「SAIKO」は、国際的なオーディエンスに日本のアバンギャルドを十年以上紹介してきました。

 AppleiTunesBlue Manグループは、東京でSAIKOをサポートしています。

GLOBUS FAMILYは、長年日米間の文化交流に携わってきました。彼らは、 ジャパン・ソサエティやアジア・ソサエティで開催されるダンス、演劇、映画、美術、工芸、パフォーマンスなどを後援しています。